MOSスタッフより

プラモデル

機械設計課の杉山です。

今回も私の好きなジャンルの一つを紹介します。
プラモデルです。

私のものづくりのルーツは「プラモデル」と思っています。
小さな頃から、お小遣いの殆どをプラモデルに注ぎ込んでました。
最近は作ることもなくなってしまいましたが、また再開したいと思っています。
そんな中、先日開催された「静岡ホビーショー」に行ってきました。



今でもガンプラは人気のシリーズです。
最近のプラモデルは対象が大人向けになっている傾向もあり価格も高いものが多くなっています。
当時300円で買えた1/144スケールのガンダムも、RGグレードではスケールは同じでも価格は2700円です。
さすがに子供には買えませんね。中には10000円を超えるものも!

鉄道模型も年々精巧になっています。
最近は息子のプラレールに見慣れたこともあり、さすがにNゲージは精巧でかっこいいですね。

車両はあんまり詳しくありませんが、情景ジオラマを作るのが好きでした。
Nゲージが1/150スケール
ガンプラが1/144スケール
ほぼ同じなので配置させたこともありました。


プラモデル以外でも以前紹介したラジコンも魅力的な商品がありました。

昨年発売されたものですが、トラックシリーズのダンプは
積荷の駆動を操作できるアクチュエーターキットがオプションで発売されています。
珍しいところでは、お菓子の模型を作るタミヤのスイーツデコレーションシリーズは女性に人気のシリーズです。

模型で使うマテリアルを上手に使ってますね。子供にも人気です。
私の子供の頃は駄菓子とプラモデルが同じ店舗で売られていた店があったり、
100円程度でも買えるプラモデルがあったこともあり、プラモデルを身近に触れる環境がありました。
今見ると何でこんな物を?と思うような不思議なキャラクターに夢中になっていました。
その他、キャラクターロボット、車、船、戦車、バイク、城、等々とにかく色々なジャンルのプラモデルを作りました。
また、今回は写真を準備できませんでしたが静岡市の「さの模型」に私の作ったザクが2体展示してあります。

もう20年くらい経過していると思います。
さの模型は小学生からの付合いなので40年近くお世話になっています。

模型店も減っていく中で、これからも継続してほしいですね。
最近は子供のプラモデル離れが言われていますが、残念な話です。
プラモデル業界も色々なジャンルや客層も変化していく中で大変な時代なのかもしれませんが、作る楽しさは変わらないと思います。

私も時間を作って、久しぶりに何か作りたくなりました。
機械設計課の杉山でした。

一人旅

こんにちは、機械製造課の高山です。

またもや、追っかけてるアーティストのライブの為、東京に行ってきました。
そのついでに、色々なスポットを巡ってきました。


ボンレスカフェ

LINEクリエイターのもふ屋さんが描くキャラクター、ボンレス猫ボンレス犬。
そのキャラクターショップが期間限定で、開催されてました。



焼うどんもシュークリームも美味しいかったのですが、
シュークリームは中にイチゴのシャーベットが入っていて、イチゴが苦手な私には、試練でした。


次にプラネタリウムを観に行ってきました。




プラネタリウムなんて、眠くなるだろーなんて思ってたんですが、
ナレーションが俳優の中村倫也さんBGMがDREAMS COME TRUEさんという 一味違ったものでした。
内容もプラネタリウムの歴史を主に星ばかりではなく
ちょっとした映画を観ているようでした。

シートも普通のシートだけじゃなく、銀河シートという変わっているものに
寝そべってきました。



次回も東京に行った際には新しいスポットを巡ってみようと思います。

音ゲー

電気設計課の成澤です。

以前にもお話しましたが、自分は音ゲーと呼ばれるゲームをよく遊びます。
趣味の定義に照らしても、音ゲーは胸を張って趣味と言えると思っています。
その中で一時ブームになったDance Dance Revolution(DDR)ですが、20周年を迎えます。
1作目からプレイしているので、時間が経つのは速いものです。

DDRにはKAC(KONAMI Arcade Championsihip)という大会があります。
KONAMI開催のeスポーツ公式大会で全国とアジアエリアから参加があります。
今年で8回目を迎えました。
予選は各ゲームセンターで参加できて、インターネット経由で集計されます。
毎回予選には参加していて過去最高順位は西日本で50位になったことがあります。
今回は課題曲が難しいのと、やり込むことが出来ず200位以下という結果でした。

以前紹介したDANCERUSH STARDOMでも予選参加してみました。

結果は最高順位が65位。予選終了時は100位ほどでした。
このゲームはスコアだけでなく、スタイリッシュにダンスする要素も必要です。
自分はスコア出すのが精一杯だったので順位以上に予選通過は程遠かったと思います。

今回のKACは終了しましたが、次回に向け高スコアを出すために練習しています。
ここまで続けているのはリズムに合わせて体を動かすのが楽しいからだと思います。

DDRやダンスラッシュは大型筐体でプレイできるゲームセンターが限られます。
静岡ではラウンドワン静岡駿河店でプレイできます。
興味のあるかたは面白いので機会があれば是非。

20周年を迎えたDDR筐体になります。
全体金色でゴージャスですw

宝石さがし

購買部 芹澤です。

先日、富士宮にある奇石博物館に行ってきました。

奇石とは“奇妙な石”のことで、 普通の石とはちょっと違った石のことを奇石と呼んでいるそうです。
なので、光る石や曲がる石など初めて見る石ばかりでした。

なんでバーベキューの飾りがこんなところに?

と思ったら、なんとこのお肉が石でした!!


そして1番楽しみにしていたのが、
宝石さがしです!

1人30分で500円!
砂利に混ざっている石をスコップで探します。

 

その中に数種類のサイコロも混ざっていて、
それを見つけると種類によって、ダイヤモンドやサファイア、大きめの石などがもらえます。

我が家は1個だけ見つける事ができ、こちらを貰いました。

この宝石さがし大人もハマります!
楽しすぎて500円という安さもあり、2回もやってきました(^-^)
近いうちにまた行ってしまいそうです。

帰ってからも見つけた石をじっくり観察したり、種類別に分けてたり小瓶に入れて飾ったりと色々楽しめます!

宝石さがしは土日祝に開催していますので、皆様もよかったら行ってみてください。

たけのこ

営業部の進藤です。

3月末頃から4月にかけて夏みかんの収穫が終えたところで、4月頭より桜が咲きはじめました。
桜が咲く前の時期で収穫できるこの夏みかんですが、なぜ春なのに夏みかんが実るのでしょうか。
毎年収穫している中、ふと疑問に思い調べてみたところ、春先に収穫し
渋みを落とすために貯蔵して夏に食べるという文章を見つけました。
その他にも色々と説があり、どれが本当なのか首を傾げますが、見ていて面白いなぁと思います。

収穫に時間をかけてしまうと、全て落ちて地面で腐ってしまうので早急に全て
コンテナーに取り分けた後、色々な知り合いの家や、友人の家へと発送しました。

そんなことを終えた後、すぐに待っているのが「たけのこ」の収穫です。
たけのこは大体スーパー等で売られていても水煮だったり、千切りだったり
加工された後ですが、そのものを収穫しに行くので、下記の写真のように生えてます。

これは結構出てしまってますが、先端の緑色の部分以外土の中に大体が埋まってるんです!
東京や大阪などの友達に見せると「初めてたけのこが生えてるのみた・・・」と驚かれます。
持ち山なので、採らないとどんどん伸びてしまい、折れたり竹に成長してしまったり
道路に倒れ込むなど大変なことになってしまうのでなかなか大変な作業です。

丁度GWに庭でバーベキューセットの上でホンビノスガイを焼いてみる予定なので
茹でた後のたけのこも一緒に焼く予定です。焼筍、楽しみです!(・ω・´*)ゞ

新年号“令和”について

電気設計課の原川です。

年号が平成から令和に代わりますね。
これが2度目の変更を経験する方も多いと思います。
平成の時は突然年号が変わり既に年号が印刷された書類は昭和を二重線で消し、
平成と手書きで修正したことを思い出します。

あまり変わることが無い事でしたので、わかっていても日付を書く機会があるとつい昭和と書いてしまいました。

新年号“令和”ですが個人的には字の形がきれいで声に出してみると響きが良いと思います。
これから何をするにしても令和初となります。
早速、令和初ゴールデンウイークを楽しむ予定です。
昭和生まれなので“和”になじみもあります。
間違って昭和と書かないよう気を付けたいと思います。
年号が変わっても生活にそれほど影響はないかもしれません。
良い機会ですので、心機一転新たな目標を掲げ新しいことに挑戦していきたいと思います。

春の行楽

 

今回は第3回目のブログ担当になります。
機械製造課の黒柳です。


3月終わりに久々に家族皆で休みが合ったので
近くですが清水の日本平付近にある友達の保養所へ1泊で泊まりに行く事が出来ました。

大人も子供も合わせて15人くらいでも十分泊まれて、皆で自炊しながら過ごせる場所です。

子供10人もいたので、寮母みたいでゆっくりとはいきませんが
皆ご飯を残さず食べてくれたり、お手伝いしてくれたりして
子供達は喧嘩も揉め事もありだけど、協力する事も多くて
わりと仲良く過ごしてくれたなぁと感じられました。
部屋から見える富士山のパワーを感じながら2日間楽しむことが出来て友達に感謝しています。


 

次の日は、うんが良く晴天だったので、初の日本平夢テラスで富士山とお花見を堪能しました。
ツーリング客も多くて人気のお花見スポットなんだと思います。
今、桜が5分咲きなのでこれからがオススメです。


最後までご覧頂きありがとうございました。

中国のUFOキャッチャー

こんにちは。
機械技術部の山田です。

先日中国へ仕事で出張に行きました。
空いた時間にホテル周りの街を歩いてみると、私の好きなディズニーとその他諸々のキャラクター達の
UFOキャッチャーがありましたので、今回はその一部を紹介していきたいと思います。

まずはこちら


こちらモンスターズインクのサリーというキャラクターです。モンスターズインクというはディズニーピクサーの映画です。
その主人公サリーが人間界に行って子供達怖がらせ子供の叫びを電気エネルギー変換してモンスター界に
電気を供給すると言ったざっくりそんな物語です。

実際、サリーの人柄は心優しくとても暖かい方でございます。
もしご興味があれば、是非1度映画を見てみて下さい。
しかしこちらのサリーはお疲れなのか、若干表情が違う気がするのは、私だけでしょうか・・・。

続いてはこちら

奥の左側にいるキャラクター、ホンダのCM等で出てるので知ってる方も多いかと思いますが、ミニオンのケビンでございます。
目のクマが深いように見えますが、最近寝不足なのでしょうか。しっかり寝て欲しいですね。
よかったらミニオンで検索してみて下さい!

最後にこちら

こちらはアンパンマンのUFOキャッチャーですが、よく見ると・・・?

アンパンマンの新キャラでしょうか。

インクレディブルファミリーのMrs.インクレディブルらしき方がいらっしゃいますね。
中国のアンパンマンではゲストで登場するのでしょうか・・・?

ちなみに肝心の中国でのお仕事はバッチリ仕上げて帰ってきましたのでご安心ください。

ねこを飼いはじめました!

技術部の水野です。


最近猫をお迎えしました。
たしか1月だったと思います。

売約自体は去年のうちから済ませていたのですが
生後何日か以上でないと渡せない
というルールを設けているらしく来た時はたしか75日目くらいでした。

その時はこんな感じです。

 


これだけでは大きさはよく分からないですが結構軽くて1kgないぐらいでした。
遊ぶのもいたずらも止めないやんちゃ小僧です。


それが今は100日ちょっと経ってこうなりました。

 


体の縞模様がはっきりしてふた周りくらい大きくなってます。
性格の方も順調にわんぱくになってます。
やはりねこはうんち臭い。


昔実家で一緒に住んでた猫は特にしつける事もなくおとなしくて名前を呼んだ時にしか鳴かなかったのですが、
こいつは悪い事を悪いと分かっていながらやってるようです。

他と同じように接していてもやはり生き物なので
個性や性格があり一様にはいかないですね。

うさぎと仲良くはまだ出来てないのが心配です。

大きくなるともっと活発になりそうですが気長に接していこうと思います。


大人しい猫がもう1匹いると影響されて大人しくなるとかも聞くのでもう1匹も検討します。
ロシアンブルーとか気になってます。

以上で今回は終わらせていただきます。
ご覧いただきありがとうございました。

バーチャルゲーム

 

営業部の進藤です。


先週、新宿でバンダイが主催の「絶叫エンターテイメント VR ZONE」の
バーチャルゲームのうち2つ、マリオカートVRと釣りVRを友人と体験してきました。

東京には月1程度で出かけるのですが、行くたびに電車に人が
多い印象を受けるとともに、新宿含め原宿、渋谷と横断歩道が人であふれています。

マリオカートでは4人対戦もできる、とのことで丁度こちらは2人なこともあり
その場に居たマリオカートをやろうとしていた見知らぬ2人に声をかけて対戦しました。
ヘッドホン、VRゴーグル、手に感知バンドをつけ、実際に車体のようなものにのると
目の前が本当のゲームの世界のように見えて奥行きもありました。
しかも、ヘッドホンにはマイクがセットされているので3人の声も聞こえ
初めてマッチングした人達とも会話しながらマリオカートを楽しみました。
途中、リアリティあふれる為か悲鳴も聞こえましたがものすごく面白かったです!
目にゴーグルをつけての体験の為、写真はありませんが
いつかはスクリーンショット機能もつきそうです。

釣りVRも同じく、ヘッドホンやVRゴーグルなど付けて行います。
更に手に釣竿を持って実際に振る必要があります。
こちらの方がマリオカートよりも現実性が高いので景色などが本物のように見えてとても新鮮でした。
友人と何匹釣れるか対戦しながら、更に会話もしつつかなり盛り上がったところで
時間切れになってしまいました・・・。
2回目!といきたいところですが時間が無かったので今回は見送りです。
ちなみに釣り数最高記録と釣った魚の最長記録を塗り替えました・v・ゞ



東京には様々なゲームがあふれてます。
脱出ゲーム、と呼ばれる特殊なゲームも存在し、そちらも参加したことがあります。



アニメ、ゲームのコラボ含めて色々と楽しいことばかりなので
来月また東京に行く際にはもう一度釣りVRや脱出ゲームなどに
参加したいと思ってます。

月別カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031