2021年10月

秋と言ったら・・・シーバス!!

 

みなさんこんにちは!
この度、営業部として新しく加わりました石部です!

石部の特徴は趣味が多いこと・・・
高校までは空手とテニスを
社会人になってからはゴルフ、釣り、映画、バイク、ボードゲーム、、、etc と大変、楽しんでいます!!
仕事も趣味も全力で取り組みます!そんな少々暑苦しい性格をしております(笑)

そんな僕が最近はまっているのは・・・夜釣り!!シーバス!!
秋は「食欲の秋」と言いますが、なんと魚にも「食欲の秋」があります!
秋のシーバスはルアーに向かって、猛突進!!

・・・らしいです。

僕はルアーでシーバスを釣ったことがありません。
だって餌のほうが釣れるから。。。←釣り人、失格発言
ただし、場所によってはプラグのほうが釣れたり、ワームのほうが釣れたりという話は聞きます!
僕の釣りの方法は「釣れる場所で釣れる仕掛けで釣る!!」

今日の釣りは
「電気ウキで川から沖へ流して、投げなくても広範囲攻めよう作戦!!」

【ポイントその1】沖に流しているときはラインが張っていないので合わせずらい。
         だから、食られないように祈ろう!

【ポイントその2】電気ウキの光は見続けると目がチカチカするので見続けるのはやめよう!

この2点を気を付けた結果・・・

1匹目!!チーバス!!(30㎝ぐらいのシーバスのこと:ちっちゃいシーバス=チーバス=セイゴ)

 



ちなみにシーバスというのは出世魚と呼ばれ、
体が大きくなるごとに名前が変わります。
コッパ(15㎝未満)⇒セイゴ(15㎝以上)⇒フッコ(30㎝以上)⇒スズキ(60㎝以上)
※僕はスズキを一度も釣ったことがありません。

2匹目!!クロホシフエダイ!!(ググりました。見たことない魚はすぐググります。笑)

 



そして最後はなんと・・・・大物シーバス!!ヒラスズキ!!!!!

 



ここで初めてスズキを釣り上げることができました!!
メジャーをもってこなかったことを後悔!!あ~~ちゃんと測りたかった!!
これは絶対スズキ!!これだから釣りはやめられません!!
(え?BOXのサイズ?30㎝ですけど・・・)

また今シーズン中に挑戦したいと思います!!
(次回もメジャーは車に置いていきます。)

ご閲覧ありがとうございました!

40代と10代のコロナワクチン

購買部 高橋です。

40代の私も、ようやくコロナワクチンの予約が可能となりました。
どんな副反応が起こるかは未知ですが、ある意味次の世代への実験結果として、
健康でリスクの少ない人はワクチンを打つべきと思っている私は、予約開始を心待ちにしていました。

その思いとは裏腹に、40代のワクチン予約開始は延長を重ね、
娘の「12歳以上18歳以下」と同じ枠になりました。

13歳の娘の接種を迷っていた時のこと、
「私のワクチン、予約してくれた?接種券無くしてないでしょうね??!」
と偉そうな?娘の発言。

私が
「ママもまだ打ってないのに、怖くないの?ちょっと考えない?周りが打つまで」
と言うと、娘曰く
「他の人と私が全く同じ身体じゃないんだから、関係なくない?
私、今健康だし、コロナになる前に早くワクチン打ちたいんだけど!
可愛い制服も着たことないし、恋愛もしてないし、食事にも気を使って(刺身と野菜の食事を好みます)
早く大人になりたいと思ってるのに。ここで病気になるわけにはいかないの!」
未来を予測できないほどの若さは、なんと生命力に溢れているのでしょう。
そして、知らぬ間に自分のことは自分で決められるほど成長した姿に感動しました。

予約する病院選択の関係で、娘が私の3日前に接種することになりました。

結果、娘は接種の次の日、軽く悪寒と倦怠感があるというので、学校を欠席。
昼頃から、37.5°の発熱が夜まで続きました。
夜は腕の痛みで2日間寝返りを打てず。
腫れはありませんでした。
3日後、私の接種です。
接種後5、6時間後から、全身が筋肉痛のようになり、肌が毛羽立つ倦怠感と頭痛で、
知らないうちに寝てしまう症状がありました。
発熱はありませんでした。

私と娘の副反応は程度としては同じくらいでした。
毎年のインフルエンザワクチンと比べると反応が強く出ましたが、3日もたつと、ウソのように症状は和らぎました。

 



2人とも副反応から復活した週末、
「2回目接種も頑張ろう!」という決意をかため、娘と2人で、大好きなお店のテラスでランチしました。

竜爪山(穂積迅社)サイクリング

電気設計課 成澤です。

 

 私は趣味でサイクリングをしています。
以前も竜爪山(穂積神社)へのサイクリングをブログでレポートしました。
標高は1kmほどで、日本平が300mなので3倍くらいの高さです。

 

前回はロード自転車でのレポートでしたが、今回はEバイクについてレポートします。
Eバイクは電動アシスト付きの自転車です。
最近モーターとバッテリーの性能がよくなったのと、価格も手頃になってきました。
最近になってモデル、価格も良いものがあったので購入しています。

 

mate X250というeバイクです。
ジャンルとしてはファットバイクに近いです。
・モーター250W
・タイヤサイズ4インチ
・フルサスペンション
・バッテリー 48V 14.5Ah。
・フル充電で80km走行できます。

 

8:00に出発して竜爪山の舗装道路で行ける穂積神社を目指しました。

平坦な道路ではアシストの力だけでスイスイ進みます。
日本ではアシストする時速は24kmまでという決まりがあります。
時速24kmでは物足りないので、それ以上は自力で走ります。
山道に来るとアシストの本領発揮です。
勾配がゆるい所ならアシストは時速24kmで進みます。
勾配がきつくなると、モーターパワーにリミットがかかり24km以下での走行となります。
ただ竜爪山の勾配ではモーターパワーが勾配に負ける事は少なく、快適でした。
近所の散歩感覚であっという間に山頂到着です。

 

山頂までは34kmありロードでは2時間30分かかります。
それがEバイクだと1時間30分程度で到着。
物足りなくて、そこから竜爪山を徒歩で山頂まで登りました。

 

 

 

山頂でのマップ
穂積神社から1時間30分ほどかかりました。

山頂でお昼を食べて下山。

そこからサイクリングして15時には帰宅していました。
Eバイクは便利ですが、物足りない…

今度はこの自転車でトレイルライドに挑戦したいです。

 

乗馬

技術部機械設計課の水野です。

 
ウチのうさぎも猫も相も変わらず元気です。
 
 
この前生まれて初めて馬に乗りました。
ただの体験乗馬でしたが良い刺激になったのでご紹介したいと思います。
 
 
今回は平沢ライディングガーデンという所で体験乗馬させていただきました。
少し山を登った位置にあるのですが空気が澄んでいてハイキングの人もたくさんいる爽やかな場所でした。
 
 
時間は1回20分です。
体験内容は
常歩、速歩、駈歩、襲歩
という段階的に速くなる4つある馬の歩法の内、常歩と速歩の2つまでやらせてもらえました。
 
歩法はそれぞれ人の言うところの
徒歩、早歩き、ジョギング、スプリント
みたいな感じです。
 
 
乗った時は目線も普段感じない程高い所にあるので
最初は少し怖い感覚がありましたが、
馬を信じて身体を預けたらすぐに馴れました。
 
歩法の常歩は比較的ゆっくり歩くのですがこれだけでも騎乗してる人には結構な前後揺れがあります。
 
ここまででも体験してみる価値はある気がします。
 
 
次に速歩ですが常歩とは一線を画す歩法でした。
右の両脚と左の両脚を交互に出すので馬体が上下に激しく動きます。
これで何が起こるかというと下からものすごい衝撃が来るのです。
それはもうすごい衝撃が
 
この歩法から騎乗者は普通に座っているだけでは駄目になってきます。
尻も痛いですがそれよりも馬の背中にダメージを与えてしまうのが問題です。
 
そこで速歩の歩調に合わせて
鐙の上で立つ、座るを繰り返して同調する軽速歩という技術があり
今回の体験乗馬ではここまで教えていただきました。
 
 
 
 
写真は今回の体験乗馬を担当してくれた家康くんです。
静岡生まれだそうです。
 
施設内には厩舎もいくつかあって沢山の馬が世話されていました。
前を通ると顔を伸ばしてきてすごく人懐っこくてみんなかわいかったです。
 
 
書きながら色々思い出しましたがまた乗馬をやってみたいと思います。
 
以上、ご覧いただきありがとうございました。
 

月別カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31