スタッフブログ

春が来ました

お久しぶりです。
機械設計課 田代です。
 
ついこの間投稿したと思っていたブログですが、
気づいてみれば、もう持ち回りが巡ってまいりました。
月日が経つのは早いものです。

かくいう私の娘も今年幼稚園の課程を修了する事となりました。
ついこの間、人生2回目の卒園式に参列して参りました。
上の子(息子)の時は、初めてという事もあり、感慨にふける余裕がなかったと。
今となっては思うところがございます。
 
皆さんも、そのような経験ございませんでしょうか。
 
娘が入園した頃に、園長の世代交代があり、
現理事長の息子様が園長となった記憶がございます。
 
事あるイベントで『園長先生のお話コーナー』があるかと思いますが、
新任の園長がお話されている光景は、緊張とたどたどしさがあり、
わが身の事の様に緊張して聞いていた覚えがあります。
 
娘が入園し3年が経ち、式典中園児が一人一人卒園証書を
園長先生から手渡しされる際、『おめでとう!がんばってね!』と、
園児一人一人に力強くお声がけしてくれている園長先生と、
『はい!』と元気よく返事をしている園児たちを拝見し、
園長先生の貫禄の様なものを感じました。
 
園長先生と園児たちのお姿を目の当たりにして、
自分は、この3年でどの程度成長したのだろうと、
自分に問い、自身の成長を確認している自分がおりました。
 
毎年、自分の目標に対しての自己評価はしているつもりでおりますが、
いざ人の成長を目にした際は、グッときてしまいます。
 
ここ数年は、涙もろくなる一方で仕方ありません。
子供たちは日に日に成長し、どんどん親から離れていってしまいます。。
 
 
桜舞い散るこの季節、涙無くしては語れない事がたくさんあるかと
思いますが、皆さんも思い出をしっかりと心と記憶に刻み、
将来良い思い出に浸り、酒のつまみにできるよう
自分の成長にも貪欲に過ごしたいと思います。
 
 
ではまた!