スタッフブログ

ヒットアンドブロー

こんにちは
機械設計課の山田です。

新型コロナの影響で、家で過ごす時間が増えてきました。
普段出かけることが多く、最初は何をすれば良いか困っていました。

皆さんは普段お家でどのようにして過ごしているのでしょうか。

私は「任天堂スイッチ」のゲーム「世界のアソビ大戦51」にハマっています。
世界中広がるあらゆるボードゲームを一つのソフトに集約したゲームです。
中でもハマっているのが、ヒットアンドブローという脳トレ推理ボードゲームです。

 

 

 

 

起原は1970年代前半にイギリスの某玩具会社が発売したボードゲームで
別名「マスターマインド」と言われており、アメリカや日本に浸透してきました。

このゲームのゴールは、上の写真の上に映っている
「赤いピン」と「白いピン」をヒントに
「?」の中に隠されたピンの色と配置を推理するゲームです。

「赤いピン」は色も配置も正解、これを「ヒット」と言います。
「白いピン」は色のみ正解、これを「ブロー」と言います。

最初は、適当なピンの色を選択し最初のヒントを得ます。
下の写真の場合は、「1ヒット」と「2ブロー」です。

 

 

次は試しに色と配置を変えてみます。
この場合は、「0ヒット」と「2ブロー」になりました。

 

 

この調子で色を変えてみたり、配置を変えることにより
ヒントを得ていきます。
ヒントが多ければ多い程、解きやすくなっていきます。

 

 

正解できました。

 

 

ただし、回数は8回までです。
それまでに解いてください。

程よい難しさと奥深さについつい没頭してしまう、そのようなゲームです。
推理ボードゲームで、個人的には脳トレ効果のあるボードゲームではないと思っています。

他にも色ではなく数字を当てると言った種類もあります。
数学理論で基本的には最短で5回目には解けると言われているそうです。

あとはやってみればわかります!

スマホのアプリで似たものもありますので
みなさんも自粛中に、脳トレも兼ねてやってみてはいかがでしょうか?