MOSを支える、ひと

MOSが人を大事にする理由

 

 

MOSは、Machine Original Service(マシン・オリジナル・サービス)の略。
ただ機械を作るのではなく、当社にしかできないものを作り、お客様に価値を提供していくことを大切にしています。

そのために必要なのは、自分で物事の判断ができる仲間たち。
周囲に合わせて何も考えられないような人材には育って欲しくありません。

当社は、年齢問わず、やる気と資質があれば、どんどん仕事を任せ、より責任のあるポジションも任せていきます。
それが、より良い製品を作ること、ひいてはお客様にも喜んでいただくことに繋がると考えているからです。

 

 

 

 

 

 

大澤一弘

大澤一弘  おおさわかずひろ 

取締役 機械設計部、機械製造部 部長
機械設計から製造まで統括。全体の取りまとめはもちろん、現場の実務も行う。
代表の大滝と共に、会社を引っ張る存在。

 

家族、お客様、社員……誰にも恥じない仕事をしていきたい。

ものづくりをしていて特に大切にしているのは、自分が設計して作ったものを家族にも自信を持って使ってもらえるか。もちろん予算や納期といった制約条件はありますが、その中で本当にこれがベストなのか、お金を出してこれを手にした人は喜んでくれるか…ということを自分の中で考えるようにしています。

機械製作では、お客様に仕様書をいただき、その通りに作っていくのが一般的ですが、当社はこちらからも積極的に提案していきます。実は、仕様書通りに作っても上手く動かないことや、お客様が求めていることを達成するためには他の方法を選択した方が良いということはたくさんあるのです。いつも、さらに一歩上を目指してものづくりをすることを忘れないようにしたいですね。

今後は、この会社と共に成長していき、この会社の代表を目指していきたいと考えています。そのためには、働いている社員全員のモチベーションを高くし、同じ方向に進んでいくことが欠かせません。楽しく活気ある会社にすることで、お客様にも喜んでいただけるものづくりができますし、それが会社の利益にも繋がるのだと思います。

 

 

山野内隆公

山野内隆公  やまのうちたかゆき 

機械製造課 課長 
組立現場のリーダーであり、設計に関しても取りまとめる。

 

現場が強い会社であり続けたい。

会社によっては、社長の鶴の一声で何でも決まってしまう、設計した通りに作るだけ、調達部門が他を引っ張っている…といったところもあるようです。しかし、当社は組立の現場が一番強い会社でありたいですね。わずかな設計ミスや設計思想の違いがあっても組立現場でそれを見つけられる、納期が足りなくても組立現場が何とかする、お客様先でトラブルがあっても組立現場の技術者がすぐに駆けつけて対応できる…こういった点が当社の強みだと思います。

現場経験を活かし、機械製造課に所属しながらも設計を担う一員として高い技術力・設計力を身につけていきたいですね。上司に何かを確認しなくても、すべて自分で判断して技術的な課題をクリアし、各案件を滞りなく動かしていけるよう日々精進していきます。機械製造課、機械設計課の人数も増えてきていますので、中軸としてこれからますます頑張っていくつもりです。

 

 

水野翔一

水野翔一  みずのしょういち 

機械設計課 主任
未経験での入社。機械設計を一から勉強しながら日々奮闘し、半年で実務にも関わるように。お客様との仕様打合せ、機器選定、設計構想、設計実務などを行う。

 

初めて機械の世界へ。尊敬できる先輩に早く近づきたい。

以前は、Webページを作ったりサーバを構築したりしていたのですが、この会社に入ってから機械の設計をするようになりました。自分で考えた設計がその通りに動いた時は、機械ならではの面白さとやりがいを感じられます。

まだまだ上司の判断が必要なことは多いのですが、相談しやすいですし窮屈な雰囲気もないので大変助かっています。今は教えてもらう立場ですが、社内にいる「すごい!」と思える人たちと同じように仕事をして、早く後輩に教えてあげられるようになりたいですね。お互いの距離が近く、何でも聞きたいことを聞けるのが、当社の良いところかなと思います。